原点を明確にしておく

すっかり街はクリスマスムード。
この忙しない感じも嫌いじゃない!
…といいながら毎日のんびり仕事してます(๑˃̵ᴗ˂̵)笑

時間もお金も心にも余裕を!

どれも置き去りにしない٩( 'ω' )و
それをモットーに仕事してます。



月商60万起業術

女性ひとり起業家の集客コンサル&コーチ熊カヨʕ•ᴥ•ʔです





今日も読んでくれてありがとう♡
誰かのお役に立てますように。




原点はどうありたいか

今日もオンライン講座で皆さまのお役に立てて嬉しい日々です。




本日受講のTさんは
都内でエステサロンを経営
スタッフ2人を雇用している30代女性






スタッフ育成についてのご相談





過去にどんな事でトラブルになったか
どんな想いをしたのか
しっかりお話を聞かせていただきました。






Kさんは十分に頑張っています。
なーーーんにも悪くない
ホントによくやってるし
ベテラン経営者で尊敬するところがいっぱい!




そんなKさんであっても
スタッフ育成問題は勃発します。






オンライン講座では

どうなりたいか

といったその人の目指したいところも明確にしますが、




もひとつ大切な  

どうありたいか

を明確にすると原点に戻れ
(ひとり起業であっても)トラブル回避が出来ます。





スタッフがいる場合、

それを共有する必要

があります。





私からKさんに問います

どんな店でありたい?

どんなオーナーでありたい?






するとKさんは
  • 相手の気持ちを思いやること
  • ありがとうを言うこと
など、様々な在り方が出てきました。






スタッフ間で揉めると

どちらが正しいか

という論争になりがち。





本当はどちらも間違っていないし
どちらも正しくありません。





たとえば、
そんな時に

互いを認め合う

が理念だとしたら。




オーナーはここに立ち戻り、
スタッフにもここへ誘導できます。

これはこのお店の理念です!

と。





小さな事は横においても
ここだけは大切にしようね、と。





お客様との間でも同じ。
例えばスタッフが
「こんな嫌なお客様がいてさ!」なんて口にしたら
それはオーナーが「理念は?」と立ち戻せます。





すると

お店の雰囲気

がたちまち変わってきます。






自分→家族→スタッフ→関係会社→お客様

この順番でやれば大抵うまくいきます。






みんなお客様からやるから上手くいかない!

私も身に覚えあります!!笑笑
(๑˃̵ᴗ˂̵)アイタタタタ



coco/sora website

ひとり女性起業家の集客コンサル&コーチ熊佳世

0コメント

  • 1000 / 1000

HSPセラピスト起業コーチ熊佳世

ここそら熊佳世(くまかよ)
自分を大切にし起業家としてのあり方を磨くサロンコンサルティング



●すきなこと
旅、エステ、心理学、癒し、こころのこと、犬、自然、海、経営、販売、チャレンジ、冒険、成長、人と関わること、コミュニケーション、自由、創造、統合、スピリチュアル


1972年生まれ名古屋出身、鎌倉在住
エステ歴28年以上
講師歴18年以上
コンサルティング実績600名以上


●保有資格
シデスコ
AEAJアロマインストラクター
日本エステティック協会認定講師
〃 T.E.A
NLPラブプロフ