旬のものをいただくこと

わが家では

を大切にしています。



主人の作る食事ももちろん同じです。
主人の読んでいる本にこんな事が書いてありました。


春は芽のもの

夏は水のもの

秋は実のもの

冬は根のもの



なるほどー(゚∀゚)
水のものとは、水分の多い野菜の事だそうです。


先日いただいたメロンも瓜ですね


主人の作る料理は
春には筍やたらの芽
夏にはトマトや茄子
秋には栗や銀杏
冬には蓮根などをよく使ってくれます





旬のものをいただくという事は
命をいただくという事。





ありがたいですね٩(^‿^)۶





旬のものでご飯をつくろう!
というイベントもやってみたいな(゚∀゚)




たのしみ、たのしみ。



鎌倉ここそらMENU

0コメント

  • 1000 / 1000

熊佳世/無料オンライン授業

サロンオーナーの悩み解決に導く
オンライン授業エステコーチ


●すきなこと
旅、エステ、心理学、癒し、こころのこと、犬、自然、海、経営、販売、チャレンジ、冒険、成長、人と関わること、コミュニケーション、自由、創造、統合、スピリチュアル


1972年生まれ名古屋出身、鎌倉在住
エステ歴28年以上
講師歴18年以上


●保有資格
シデスコ
AEAJアロマインストラクター
T.E.Aほかエステ系いろいろ
コーチングやNLPラブプロファイル上級など心理学系資格など
自動二輪や普通自動車免許