どうしたら人気サロンを作れる?

アラフィフのための

エステ理論スクールin鎌倉

株式会社ここそら熊﨑佳世です





6年前に東京北千住という下町で始めたエステサロン。
地元でもなく何の根拠もなく、
何となくそこで始めました。


有難いことに1年ほどで3ヶ月予約待ちのサロンとなりました。





どうやって?
その後、8年の講師キャリアを活かしスクールをしましたがやはり一番多い質問はこれでした。



最初はどうしてだろう?
と自分でも思ってました。



  • 地域がよかったから?
  • 使ってる化粧品がいいから?
  • 使ってる機器がいいから?
  • キャリアが長かったから?
  • 売り方がよかったから?
  • カウンセリングが上手かったから?
  • 集客戦略が出来てたから?



答えは全てNO


その後わかったのたは

「方法」ではなく「在り方」にある

というのが答えだったのです。

どうありたい?
答えは矢印を自分に向ける事。





私は土日休みたかったし、
早寝早起きが身体に合っていた。
そして大好きなお客様と長く繋がっていきたかったし、
何より…

役立ちたかった








それをちゃんと

受け取る覚悟をしました







そして受け取るだけでなく

何が与えられるのか?

をしっかり考えそれを与える事だけはいつ何時もやめませんでした。
プライベートであっても。



在り方は磨き続ける
ここそらでは『あり方』を探すワークなどもしますがその授業だけでバシっと決まる事はほぼありません。



でも何となく「こういう感じ」というのが見つかり、そこに焦点を当てて

磨き続けるのです





ちゃんと

望むサロンになれます






まずは、

何を望んでるのか

明確にしなくちゃね(*'▽'*)




この記事が誰かの役に立ちますように。愛をこめて。




鎌倉ここそらMENU
熊かよ

女性ひとり起業家の集客&売上問題を解決する「月商60万起業術」
オンライン講座

●エステ関連資格*エステ歴25年以上
シデスコインターナショナルディプロマ
日本エステティック協会 認定講師
アロマ環境協会インストラクター 他
●略歴
20代エステサロン10年勤務
30代エステスクール8年勤務
38歳エステサロン&スクールで起業
3か月予約待ちサロンとなる
40歳:一般社団法人設立
41歳:株式会社設立
45歳:エステ事業をやめ鎌倉へ移転
46歳:ノマドワーカーとなる

●好きなこと、得

0コメント

  • 1000 / 1000