利益は社会課題解決の手段

SDGsコンサルタントの学校に行って勉強し、はれてSDGsジュニアコンサルタントになりました。課題である無料講座を開催しジュニアが取れるように頑張っています^^;


11月1日午後1時からオンライン無料開催しますので視聴希望の方はどなたでも(なんと1000人までw)見れますのでSDGsサロン経営に興味があるという方はこちらのフォームより予約しておくと当日のURLが届きます。ウェビナーは一般的なズームと違って皆さんの顔が出ませんので気軽にどうぞ

さて、本日はSDGsサロン経営・本題に入ります


利益は社会課題解決の手段


SDGsジャーナル(私が通っている学校)でこんなタイトルのメルマガが届き「!!!!」となりました。



私たち起業家や、サロンオーナーが利益を追求する事は当たり前ですが

SDGs経営に取り組もうとする方は社会貢献が好きで「儲ける」とか「利益追求」とかって言葉がニガテな人が多いんです。




しかしSDGs経営の基本は「持続可能な事」



例えば、

私の友人のエステサロンオーナーYさんは、竹のタオルを使って自宅で使える美容商品を制作販売しようとしています。

朝日新聞によると、全国的に放置された竹林が広がっており環境破壊になると言われています。竹素材のタオルに選ぶことやその製品を販売する事がこれらに貢献し、お客さまもそれを購入する事で貢献できるという仕組みです。




三方よし。昔から言われる近江商人の日本の経営の考え方。

  • エステサロンオーナー(売り手)も
  • 顧客(買い手)も
  • 社会(世間)もよくなる

それがSDGs経営です




それによるサロンの利益は、社会課題解決の手段です。




儲ける・利益追求という言葉がニガテという方は「自分だけ儲ける」と勘違いしていることが多く、あなたが活躍するほどみんなよくなるという事を真に理解していないだけ、なんてことがよくあるのです。



あなたのサービスは何に社会貢献しているか?

それを知る必要がありますが、その前にSDGsをしっかり学んでいただくと見つけられるかもしれませんよ!



★★★

11月1日午後1時からオンライン無料開催します

視聴希望の方はどなたでも見れますのでSDGsサロン経営に興味があるという方はこちらのフォーム から気軽にお申し込みくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000

ここそら熊佳世(くまかよ)

ここそら熊佳世(くまかよ)
自分を大切にし起業家としてのあり方を磨く起業経営コンサルティング



●すきなこと
旅、エステ、心理学、癒し、こころのこと、犬、自然、海、経営、販売、チャレンジ、冒険、成長、人と関わること、コミュニケーション、自由、創造、統合、スピリチュアル


1972年生まれ名古屋出身、鎌倉在住
エステ歴28年以上
講師歴18年以上
コンサルティング実績600名以上


●保有資格
シデスコ
AEAJアロマインストラクター
日本エステティック協会認定講師
〃 T.E.A
NLPラブプロ