花が咲いて泣いた話

2011年1月に東京北千住という下町で私の起業人生は始まりました。



前職の同僚がサロン作りを手伝ってくれました。
営業のg君が車を出してイケアに連れてってくれて、同僚のnちゃんも一緒に組み立てしてくれました。




お礼に近所でご飯をご馳走しました。
お好み焼きやさんでした。




そこのママさんが気さくな方で、ご挨拶もしておきました。




このママさんにはよく可愛がってもらいました。
オープンに!と鉢植のお花をくださったのです。





その鉢は毎年オープン年の1月に咲きました。





2017年1月鎌倉へ引越しました。
その鉢はとても強い植物だったので、室内ではなく庭に置きました。




するといきなり寒い環境だったのか、初めてお花をつけませんでした。



枯れはしないけど
花も咲かない。




きっと来年は!
と信じていましたが今年2018年1月も咲かなかったのです。




私はそれでもいい、と思いました。
葉は元気だったので。





先日、夫の熊ちゃんとケンカしました。
無になりたくて庭いじりをしました。
その時にこの子も鉢替えをしました。




その3日後…
花がついたのです!
後ろにもツボミがたくさん!
鉢替えした時には全く気配が無かったのに!!



なんだか涙が出て嬉しくて嬉しくて泣きました。




本当は花が咲かないこと、寂しかったのかもしれません。






諦めなくてよかった。
花がつかなくても育ててよかった。
未来を信じて続けてよかった。



人生も同じですね。










熊かよ

女性ひとり起業家の集客&売上問題を解決する「月商60万起業術」
オンライン講座

●エステ関連資格*エステ歴25年以上
シデスコインターナショナルディプロマ
日本エステティック協会 認定講師
アロマ環境協会インストラクター 他
●略歴
20代エステサロン10年勤務
30代エステスクール8年勤務
38歳エステサロン&スクールで起業
3か月予約待ちサロンとなる
40歳:一般社団法人設立
41歳:株式会社設立
45歳:エステ事業をやめ鎌倉へ移転
46歳:ノマドワーカーとなる

●好きなこと、得

0コメント

  • 1000 / 1000