ただ生きている

この話を聴いて
私は衝撃を受けた。



…というより心が救われたのかもしれません。



目的志向がいつもある私は
いつもそこに意味を求める「心のクセ」があるのです。



だから「ただ生きている」は衝撃だった。




そして「お金」と向き合っているいま。
私はきっと心のどこかで恐れています。




その恐れを解放してくれた言葉でした。



らせんコーチRie

ただ生きている

「ただ生きている」
そう私はかよさんに伝えました。

1/26
私はフィリピンに旅立ち
私のビジネスパートナーのかよさんはミャンマーへ旅立った。

たまたまの偶然でその日に
2人は旅立った。


昨日の夜、お互いの旅の中での出会いについて話していた。


かよさんは
元々知っているご年配の方に会いに行き
ミャンマーに至った経過を聞き
シェアしてくれました。


私はその話を聞いて
シキホール島で出会った
1人のご年配の方を思い出す。




その方は70台後半かなぁ。
白いお髭を蓄えた日本人。
シキホール島に住んでいるという。

日本ではお花屋さんをやっていたそうだ。
子供たちが継ぎたくないということで
お店を閉め色々あって知り合いのいるマニラへ。

マニラにいるとお金を遣ってしまうから…
とセブに移る。

セブもまたお金を遣う場所がある。

お金を遣わない環境へ。


そうして移り住んだシキホール島。

そこには自然以外、何もない。




そんな方がいたとかよさんに話すと
「その人はそこで何をしてるの?」
と質問が来た。


「ただ生きている」

そう私は答えた。


そう。
その方はただ生きていた。
そんな気がした。

何かしなくても生きていていい。

ただ生きている。


どこに身を置くか。

それは選択できる。


ただ生きていればいい。


それで充分。

何もしなくてもいい。


ただ生きている。


そんな生き方がそこにあった。


ただ生きている。


それだけでいい。



そんな出会いがフィリピンでありました。


色んな人を知り
色んな考えを知り
自分の見地を広げることで
選択の幅は広がっていく。


私の出会いをみなさんにシェアします。


https://rasen8rie.amebaownd.com/posts/3680310
熊かよ

女性ひとり起業家の集客&売上問題を解決する「月商60万起業術」
オンライン講座

●エステ関連資格*エステ歴25年以上
シデスコインターナショナルディプロマ
日本エステティック協会 認定講師
アロマ環境協会インストラクター 他
●略歴
20代エステサロン10年勤務
30代エステスクール8年勤務
38歳エステサロン&スクールで起業
3か月予約待ちサロンとなる
40歳:一般社団法人設立
41歳:株式会社設立
45歳:エステ事業をやめ鎌倉へ移転
46歳:ノマドワーカーとなる

●好きなこと、得

0コメント

  • 1000 / 1000