人生で大切なもの

ミャンマーである本に出会いました。



その作者は私が生まれる100年前に生まれた日本人。




結核を患い、血を吐き、
もう後は死を迎えるばかりの時に
あるインド人に「君は最も大切なことがわかっていない」と言われ
「助けてやるからインドについて来い」と言われついていき、
そこから100歳近くまで健康に生きた人のお話でした。

*****************


インドに着いてもいつまで経っても教えてもらえない。
その《大切なこと》





痺れをきらし自分から願うとこう言われるのです。




「僕は教える準備が出来ているのに、君は教えてもらう準備が出来ていない」




それができている!と答えても
「水いっぱい入ったバケツに、こぼさずお湯を入れるにはどうする?」




「そんな事できないです」と答えると
「君はいっぱいで入らないんだよ」と言われます。




頑固で自分が正しいと思い込み
他人の言うことを受け入れない




そんな君に何かを伝えても入らないんだよ

*****************

これは中村天風さんという方の実話です。




《肉体》を治す西洋医学では治せない結核を《心》を磨くことで奇跡的に治り100歳近くまで生きたお話です。




肉体も
心も
一致させて磨いていくこと。

*****************


瞑想し無になる努力をする
頭のお喋りを黙らせる時間をつくる
自分と向き合う
テレビを消して食事し
美味しそうな匂いを嗅ぎ
よく噛み味わう
エネルギーをいただく
自然の中に身をおく時間をつくる
丁寧にいきる
ラジオ体操を復活させる
心のざわつきを無視しない
感情に目を向ける
自分神様を大切に扱う



まだまだな私
出来ない事もしょっちゅう!
でもまたやる。
磨いていく努力をしたい。



また失敗してまた同じ問題にぶつかる
しばらくはそのまま寝転んで、
でもまた起き上がってやる。


繰り返しているようでちゃんと上昇している。
その経験は私の無形財産となる。


そして周りを助け、
また必要な時は助けを求める。


それがらせんだ!


熊かよ

女性ひとり起業家の集客&売上問題を解決する「月商60万起業術」
オンライン講座

●エステ関連資格*エステ歴25年以上
シデスコインターナショナルディプロマ
日本エステティック協会 認定講師
アロマ環境協会インストラクター 他
●略歴
20代エステサロン10年勤務
30代エステスクール8年勤務
38歳エステサロン&スクールで起業
3か月予約待ちサロンとなる
40歳:一般社団法人設立
41歳:株式会社設立
45歳:エステ事業をやめ鎌倉へ移転
46歳:ノマドワーカーとなる

●好きなこと、得

0コメント

  • 1000 / 1000