情熱の有無で繁栄するかトラブルになるか決まる

今から10年くらい前、
私はエステで開業を夢見る会社員でした。




ひょんなご縁でネイルサロンを開業する事になった友人と知り合いました。





その子から「週末うちで開業してみない?」と持ちかけられ
ネイルサロンの一画にエステベッドを置き土日だけのエステサロンを開業出来る運びとなったのです!
会社員を辞めずに毎月の給与を確保して開業のトライができる!



つまり

リスク無しでの開業

が出来る事になったのです!





そのネイルサロンは都内の駅前にありテナントの1階。
看板にチラシを置いて順調にお客様を集められました。




「こんな風になったらいいね!」
2人でよく飲みに行き夢を語りました
しかし1年くらい経ち、
私はやる気が無くなってきました。




月-金で本職があった私にとって
土日の仕事は徐々にキツくなってきていました。





土日の予約が入るとウンザリした

これが当時の私の正直な気持ちです。
2人の気持ちはどんどん離れていきました。





今ならわかりますが

情熱が違うのです 






生活をかけて夢を持ってる友達。
片手間にやってる私。






トラブルが増えていきました。






結局、私は辞める事になりました。

人と仕事をする事の難しさを書いているのではありません。




1人でやっても
大勢スタッフがいても同じ。






情熱の無いところに繁栄はありません。





ただそれだけなのです。





10年前の私の過去の失敗例でこの記事が誰かの役に立ちますように…





12/14より毎月第二木曜日に開催されるらせん会では
こんな私の失敗例、成功例などをストーリーテリング形式で伝えます。




そして、そこからの学びと関連するワークをして

自分に落とし込んでいってもらい在り方を磨き続けていく会




現在募集してるのは1/11
12/14はキャンセル待ち1名です。
都度参加、継続参加があります。




楽しみにしていてくださいね!
熊﨑かよ

●提供サービス「月商60万起業術」
マンツーマン/オンライン講座
グループ/鎌倉リアル講座
●エステ関連資格*エステ歴25年以上
シデスコインターナショナルディプロマ
日本エステティック協会 認定講師
アロマ環境協会インストラクター 他
●略歴
20代エステサロン10年勤務/30代エステスクール8年勤務
38歳エステサロン起業/3か月予約待ちサロンを創る
40歳:一般社団法人設立 代表理事就任
41歳:株式会社設立 代表取締役社長就任
45歳:成功している事業をやめ鎌倉へ移転
46歳:ノマドワーカーとなる

0コメント

  • 1000 / 1000